債務整理 弁護士 司法書士

弁護士と司法書士どっちが良い?

債務整理の手続きをするためには専門家にお願いしてやってもらうのが一般的ですが、手続きをしてもらうことになる専門家に弁護士と司法書士がいます。

 

そこで弁護士と司法書士のどちらに手続きを頼んだほうが良いのでしょうか?

 

140万以上の債務整理は弁護士しかできません

 

まず債務整理の手続き面においては司法書士よりも弁護士のほうに一日の長があると言えます。
なぜなら弁護士の場合はどのような場合でも手続きを最初から最後まですることができるので、すべてを任せることができるからです。
これに対して司法書士の場合には権限に一定の制限があるので、手続きをすべて任せることができない場合があります。
なぜなら司法書士は簡易裁判所の管轄する事件で訴額が140万円以下の事件しか取り扱うことができず、また任意整理の手続きに際にすることになる和解交渉の代理も140万円までしかすることができないからです。
また破産の申立は地方裁判所にすることになるので、司法書士の場合は書類を作成することしかできません。
これに対し、弁護士の場合は書類作成から裁判所とのやり取りまですべてしてくれるので、よりスムースに手続きをすることが可能です。
このようなことからすべての手続きを専門家に任せたいと考えているのであれば司法書士よりも弁護士に頼んだほうが良いと言えるでしょう。

 

費用面では司法書士のほうが安いです

 

債務整理の手続きを専門家にしてもらう場合において、どのくらいの費用がかかるのかを気にする人も多いですが、費用面においては弁護士よりも司法書士のほうが安いです。
具体的には個人再生や自己破産の場合においては司法書士の場合は20万円から30万円くらいが相場になるのですが、弁護士の場合はブランド料もあるので30万円から50万円程度の費用がかかります。
しかし任意整理の場合は弁護士も司法書士もそれほど大差はなく、特に過払い金が発生をしている場合においてはほとんど費用の差に影響はありません。