夜逃げ

夜逃げをする前に

多額の借金を負ってしまうと自分の力で返済することができないので夜逃げを考える人も少なくありません。

 

しかし夜逃げをしても借金が減るわけではないので何の解決にもなりません。そのため夜逃げをしようと思っているのであればもう一度考え直したほうがいいでしょう。

 

夜逃げをしてもデメリットばかり

 

夜逃げをしようと考えている人はどのような目的があるのかというと自分が多額の借金を負っている苦しみから逃れたいと思っている人もいますが、時効を成立させて借金をチャラにしようと思っている人も多いです。
消費者金融などの金融機関での借金は5年で時効にかかるので、この間逃げ切ればいいと考えるのです。

 

しかし金融機関側も貸付のプロなので、対策はしっかりしているので時効にかかることはまずありません。逆に借金をそのままにしているので、損害金の額が多くなってしまい、さらに借金が増えてしまうことになります。

 

また逃げ続けるためには自分の居場所を秘密にしておく必要があるので、住民登録も移すことはできません。そのため公的な身分証明書も作ることはできないので、仕事もすることができず、また住むためのアパートも借りることができません。
その他生活の中で身分証明をすることを求められることが一切できないので、とても人間らしい生活を送ることはできません。

 

さらにいつ借金をした金融機関の人が自分のところまでやってくるのかということに怯えながら生活をしなければならないので、毎日不安を感じながら生きていかなければなりません。

 

このように夜逃げをしてもデメリットばかりなので、借金にしっかりと向き合って解決をしたほうがいいでしょう。

 

債務整理をしてもらうという方法があります

 

多額の借金を負ってしまい、返済できなくなってしまったら債務整理をしてもらうという方法があります。
この手続きをしてもらうことによって、借金を減額してもらったり、免除してもらうことができるので、うまく処理することが可能です。

 

そして債務整理は基本的に弁護士や司法書士などの専門家にやってもらうのですが、現在無料で相談をすることができるので、借金の悩みがある人はこれを利用するのがいいでしょう。