債務整理の種類

債務整理の種類と費用の相場

借金を返済することができなくなってしまった人は返済することができるようにするため、債務整理の手続きをしてもらいます。

 

そして手続きの方法はいくつかの種類があり、現在の自分の状況に適した方法を選択することになります。

 

債務整理の種類

 

債務整理には次の3つの方法があります。

 

任意整理

 

任意整理とは債権者と債務者が直接交渉して現在ある借金を今後どのように返済をしていくのかを話し合って整理をしていく方法です。
この方法は裁判所が関与しないので、債権者と債務者で自由にいろいろなことを決めることができるため、話がまとまればスムースに解決をすることができます。
またこの方法で手続きをするためには3年以内に分割で返済することできることが必要になるので、借金の額が高額ではないことも要求されます。

 

個人再生

 

個人再生とは裁判所に申立をすることによって、一定の限度額まで借金を減額してもらい、残りの借金を裁判所から認可された再生計画案に基づいて返済をしていく方法です。
この方法は無担保の借金が5000万円以下であるということと、継続的に収入を得ていることが条件になっているので、サラリーマンや自営業者など仕事をしている人が利用することができます。

 

自己破産

 

自己破産とはどのように借金を整理しても返済をすることができない支払不能の状態にある場合において、裁判所に申立をして財産を提供する代わりに借金を免除してもらう方法です。
財産は基本的にほとんど取られてしまうのですが、上記の2つの手続きとは違い、借金が無くなるのが特徴です。
また利用するための条件も支払不能であることだけなので、収入の少ない人や無収入の人でも利用することが可能です。

 

債務整理の費用、相場

 

債務整理の手続きを専門家にお願いする場合は費用がかかってきますが、その相場はどのくらいなのかというとまず任意整理の場合は着手金で数万円から10万円程度必要で、過払い金を取り戻すことができたり、借金を減額出来たりした場合は成功報酬を支払うことになります。そのため合計として20万円から30万円程度になります。

 

個人再生の場合は裁判所に支払う手続き費用として数千円から2万円弱、専門家に支払う報酬として20万円から30万円程度です。

 

最後に自己破産の場合は裁判所に支払う実費が申立手数料、予納金合わせて2万円程度、専門家に支払う報酬が25万円から30万円程度です。