債務整理 デメリット

債務整理のデメリット

借金の悩みを解決するには債務整理の手続きをしてもらうのが一番いいのですが、この手続きにもデメリットがいくつかあります。

 

そこで債務整理のデメリットとしてどのようなものがあるのでしょうか?

 

信用情報機関に登録されてしまいます

 

債務整理の手続きをすると5年から7年程度の期間、信用情報機関に登録されてしまうことになります。
そのため住宅や車を購入するためのローンを組むこともできず、またクレジットカードを利用しての買い物やカードローンを利用しての借り入れもすることができません。
そのため生活をしていくにおいて、通常の場合よりも不便になってしまいます。

 

自分の財産が取られてしまう場合があります

 

債務整理の手続きをする場合においても任意整理や個人再生の場合はその後数年間は借金を返済していく必要があります。
しかし借金を返済するための現金がない場合は財産を処分しなければならないこともあり、自分の財産が取られてしまうこともあります。

 

また借金を免除してもらう自己破産の方法で手続きをする場合は生活に必要な財産以外の物はすべて提供しなければならないので確実に自分の財産が取られてしまうことになります。

一定の職業に就けなくなる場合があります

 

自己破産の手続きをしている期間は一定の職業に就けなくなってしまう場合があります。そのため通常の場合に比べて、自分の職業の選択の幅が少なくなります。

 

手続きをしたことが知られてしまう可能性があります

 

個人再生、自己破産をする場合は裁判所が関与して手続きを進めていくことになるので、裁判所から手続きに関する書類が送付されてきたり、電話がかかってくることがあるので、場合によっては自分が手続きをしたことを身近の人に知られてしまう可能性もあります。
また官報にも掲載されてしまうことになるので、これを見られてしまうと知られてしまうことになります。

 

数年間はお金に苦しい生活を強いられます

 

債務整理の手続きをすると自分の所有している財産を取られてしまったり、手続き後数年間は返済をしていかなければならないので、お金に苦しい生活を強いられることになります。