借金の時効

借金の時効はどれくらい?

借金は債権の一つなので時効の対象になるのですが、どのくらいで時効にかかるのでしょうか?

 

借金の時効について

 

民法という法律で債権は10年間行使しないと消滅するという規定があります。そのため基本的には借金の時効も10年ということになります。

 

しかし商法という法律で商行為によって生じた債権は5年間行使しないと消滅するという規定があり、消費者金融などの金融機関からの借金は5年で時効消滅するということになります。

 

そして時効は権利を行使できる時から進行することになるので、借金をするにおいて返済期日を定めていた場合は返済期日から、期日を定めていない場合は契約の日から計算して5年が経過すると時効の利益を受けることができます。

 

また時効の利益を受けるためにはただ期間を経過しただけではダメで債務者が債権者に対して時効の利益を受けるという主張をする必要があり、これを時効の援用と言います。
時効の援用は基本的に債権者に対して内容証明郵便を送ることによって行います。

 

時効になる前に債務整理をしたほうがいいです

 

借金の時効は5年と比較的短いためかこれに期待をしてしまう人も少なくありませんが、債権者である金融機関も時効のことは熟知しているので、しっかりと対応するため、時効にかかるということは基本的にありません。

 

そのため債務者側はもし借金を返済をすることができなくなってしまった場合において、時効になる前に債務整理をしたほうがいいです。

 

そして債務整理の手続きをすると借金の問題を解決することができるのですが、一定の期間、信用情報機関に登録されてしまうので、住宅や車のローンを組めなくなったりするので生活が不便になってしまうと考える人も少なくありません。

 

しかし信用情報機関に登録される期間は5年から7年程度でこの期間を経過すれば、登録が抹消されるので、住宅や車のローンを組むことができるようになります。

 

そのため少しの間だけ我慢をすれば特に問題はないので、借金を返済することができなくなってしまったら債務整理の手続きをしましょう。